工務店を選ぶ際に

工務店とハウスメーカー

工務店とハウスメーカーを比較

住宅を建てる場合、どこに依頼しようかと迷うものです。中でも、工務店とハウスメーカーは良く比較されます。職人の腕は良くてもセンスの有無が心配の工務店、センスは良いが地元との関係が薄く、メンテナンスのときに困る心配のあるハウスメーカーなどと、比べてしまいます。両者は同じポイントを決めて比較すことで特徴がわかります。ポイントとしては得意とする構造種別、工事金額、工期、保障期間、メンテナンスの依頼しやすさなどがあります。会社の規模は問題ではなく、依頼しようとする住宅にどれだけ時間をかけてくれるかが、選ぶ際の大切なポイントとなります。

業務内容比較で比較して選ぶ

注文住宅を建設するという同じ業務ですが、工務店と大手ハウスメーカーの業務内容では違いが見られます。大手ハウスメーカーの場合は、基本的に会社の基本業務は社員が行い、建設現場は下請け企業に発注するケースが多く見られます。業務内容を比較した場合、一般的な地域密着型の工務店では、設計から施工まで一貫して取り扱ってるために、中間マージンの有無という観点から、総建設コストはハウスメーカーのほうがやや割高となる場合が多くなります。ただし割高な分、安心感であったりアフターサービスの充実などが付随したりしますので、じっくりと両者を比較検討するのが良いでしょう。

↑PAGE TOP